諸外国の害虫駆除の事情について調べてみた

gaikoku_gaichu

害虫は私たち人間にとって、ある意味で切っても切れない腐れ縁のような立場に居るように思います。それはおそらく日本だけではなく、アメリカやイギリスなど、日本と関係が深い諸外国でも同じであると言えるでしょう。なぜならば、害虫はどれだけ退治しても繁殖を繰り返すことや人間の食べ物などのおこぼれを奪おうとしてやってくるため、人が住んでいるところに常に害虫は巣を構える可能性があるからです。そんな世界共通で発生する害虫について、諸外国ではどのよに対処をしているのか気になりました。そのため、諸外国の害虫駆除の事情について調べてみたので、その調査結果をご紹介しましょう。

諸外国という言葉から海外全般のことを視野に含めて話を展開したかったのですが、アメリカの害虫駆除事情をメインに語らせていただければ幸いです。なぜアメリカなのかというと、やはり世界の中心がアメリカであること、そしてアメリカの害虫駆除事情が日本とはやや違ったものであったことから、どうしても紹介したかったというのが理由になります。
(参考:害虫を寄せ付けないお家作り方法

ではそんな諸外国の中の一つであるアメリカの害虫駆除事情はというと、まず害虫駆除の方法は薬を散布することが主に行われているとのことでした。アメリカで発生する害虫は日本で発生するものとよく似ていますが、日本に生息している害虫とは少し種類が違っており、ちょっとだけ形状の違った虫であったり日本のものに比べるとかなり大きなネズミであったりするそうです。そのため、おそらく薬の散布なども、日本の基準値以上の量を行うのではないかと思います。

また、アメリカではハエを退治するために塩を玉がわりにして撃つタイプの鉄砲も製品化されており、それも諸外国ならではの害虫駆除方法だなと感じました。

また、外国には日本にいない蜂なども多く生息しており、種類によって駆除方法なども変わってきます。そのような蜂の種類を学ぶのも面白いかもしれません。

以上が諸外国の害虫駆除事情の一例になります。ちょっと調べてこれだけの情報が出てきましたので、諸外国の駆除事情をより深く調べると面白いかもしれません。