桜が咲く季節から害虫駆除業者は儲かり始める

sakura_kisetsu

この世界には様々な業種が存在しており、そしてその業種によっては書き入れ時であるとか、稼ぎ時といったものが違ってきます。例えば飲食店であればシーズンを問わずにお昼や夜、店舗によっては朝などの食事タイムが書き入れ時となりますし、建築業者などであれば新築が多くなる金利が下がった時期などが書き入れ時であるといえるでしょう。さて、そんな書き入れ時とか儲かる季節という観点から見ると、桜が咲く季節から害虫駆除業者は儲かり始めます。これはなぜかというと、おそらく多くの方が既に推測しているのではないかと思うのですが、桜が咲く季節、つまり春頃から気温が高くなって害虫が繁殖し始める傾向にあるからです。

よく春になると、人間でもフラフラと外に出歩きたくなってきますよね。それと同じように、虫たちもまたフラフラと外に出歩こうとしたり、さらに出歩いた先で交尾を繰り返し、子孫の繁殖をどんどんとしていきます。このようなことから、結果的に私たちの住宅にも害虫が大量に発生することになるのです。

これはつまり、風が吹いたら桶屋が儲かるという言葉通りではありますが、害虫が出れば害虫駆除業者が儲かるという単純な方程式が成立することであると言えるでしょう。

実際に害虫駆除業者の方から、桜のシーズンから儲かり始めたという話を聞いたわけではありませんが、そのような話を聞かなかったとしても桜が咲けば虫が大量に発生するようになるので、このような結果になるのは当然であると思います。

このように、様々な業種によって儲かる季節や時間帯といったタイミングが違うように、害虫駆除業者もまた桜のシーズンまではそれほど儲からず、桜が咲き始めて枯れ葉が散り始める頃までが儲かるシーズン、いわゆる稼ぎ時であると考えられます。ですので、桜が咲き始めた頃に害虫駆除業者の方を街で見かければ、「これから儲かる季節だな」という目で見てみるのも面白いでしょう。